読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暗黒への挑戦

我がうちに秘める黒いネガティブなものを乗り越えて前進していくために日々綴る独りごと

クリスマスイブにご降臨『その日の天使』

f:id:gogoFT2:20161225140535j:plain

クリスマスの時期になると

40歳を過ぎたこんな自分でもなんとなく落ち着きがなくなる

1年の中でも最も特別な夜を

今年はどのように過ごせばいいのか、とか

いい歳してそんなことを考えてしまったりする

 

今年も聖なる夜が・・・

この年齢になったら関係ないなんて思いつつも

実際は心の中では密かに求めてしまっていたりする

聖夜に

このまま死んでしまってもいいと思えるような

一瞬を感じることが出来たら

そんなことを

 

 

中島らもさんの著書にある「その日の天使」

f:id:gogoFT2:20161225141123j:plain

>一人の人間の一日には

>かならず「その日の天使」がついている

>暗い気持ちで冗談でも「今自殺したら」などと考えているときに

>とんでもない友人から電話がかかってくる

>それはその日の天使なのである

 

僕はこのらもさんの話が大好きだ

 

僕に微笑みかけてくれた「天使」

12月24日その日

心の中に抱える

自分の密かな欲望というものを感じながら

それでも何もない自分に

密かに微笑みかけた天使は

仕事で使っているコインのオートカウンターだった

 

無骨な機械で

コインを種類別にカウントするだけ

機嫌が悪くなったらなかなか元に戻らない

そんな彼がその日の天使だった

f:id:gogoFT2:20161225141451j:plain

 

 

夕方に仕事が終わればまっすぐに家に帰るのみという

特別な日もまったく特別ではない僕が

彼を立ち上げたとき

そのコインの枚数が表示されるのみだったディスプレイに

Merry Xmasと、ものすごく遠慮深く表示された

まるで照れているように

 

味噌ラーメンの「特別な夜」

それだけでなんだかもう十分な気持ちになった僕は

小声でそいつに「Merry Xmas」とつぶやいて

家に帰る途中「餃子の王将」で味噌ラーメンを食べた

f:id:gogoFT2:20161225141710j:plain

聖なる夜に味噌ラーメン・・・こんな「特別な夜」もありかな、と

 

 

 

 

 

 

ありがとう×12326回