読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暗黒への挑戦

我がうちに秘める黒いネガティブなものを乗り越えて前進していくために日々綴る独りごと

どの交通ICカードを関西で使うかの考察②

 

f:id:gogoFT2:20161214195503j:plain

それぞれに個性があるということですかね・・・

 

交通ICカードについての考察②

前回の続きです

改札機をICカードのタッチでスイスイ通れることってすごく大きいメリットですが

やっぱり金銭的なメリットも求めたくなるものです

 

前回のとおりPiTaPaは運賃の割引が適用されることから

金銭的なメリットを受けることが出来るわけですが

カードのポイントという点での金銭的なメリットを見てみようと思います

 

月に自宅と会社を7往復するとして(基本的に車通勤なので)

阪急バス(片道220円)と阪急電車(片道320円)として

どれだけ特になるかを比較してみようと思います

1日の往復の交通費は1080円、7往復で7560円です

阪急電車とあるとおり、関西での話です)

f:id:gogoFT2:20161214212845j:plain

 

 

候補SMART ICOCA

手元のポイント狙いのクレジットカードに紐付けすればそれだけで使えるSMART ICOCAはひとつの候補です

 

SMART ICOCAのマイナスポイントとしては

オートチャージがないこと

②パソコン経由のネットチャージが出来ないこと

これくらいでしょうか?

オートチャージについてはこれから紹介するSuicaも関西での利用ではオートチャージ機能は使えないので、まぁ仕方ないというところでしょうか

ネットチャージが出来ないので、駅やICOCA対応のお店に限られるということは不便ですが、履歴がネットで確認できるようなので、残高も確認出来そうですね

 

ポイント還元率1%のカードに紐付けるとすると

7560円×0.01=76円(年間で907円ほど)となります

これとは別にJ-WESTのポイントも付与されるみたいですね

J-WESTポイントは200円で1ポイントのようですので

1月38円、年間453円が付与されます

先ほどのポイント分と合わせると年間1360円です

f:id:gogoFT2:20161214212954j:plain

 

候補Suicaカード

いきなりSuicaカード?という感じですが、SuicaViewカードにすると自宅にいながらチャージ出来るというメリットがあり候補のひとつにしています

実はどのSuicaカードも同じだろう・・という認識で、最初にAEON Suicaカードを作ったのです・・・ただ、このカードではネットチャージが出来なくて(汗)

ネットチャージが出来るのはSuicaViewカードのみということで、

慌ててビックカメラSuicaカードを作り直しました

 

Suicaカードのマイナスポイントとしては

オートチャージが関西では出来ないこと

②使えない鉄道・バスが少しあるみたい(伊丹空港発着の大阪空港バスなど)

これくらいでしょうか?

 

SuicaViewカードのネットチャージですが

パソリというUSB接続の機器が必要となるようです

家電量販店で数千円という説明がネットで見かけましたが

僕はヤフオクで500円ほどでゲットしました

出品も豊富なので手に入れ易いと思います

駅ではバタバタすることが多いので家でチャージ出来ることは有り難いことです

 

ポイント還元率ですがビックカメラSuicaカードは1.5%だそうです

7560円×0.015=113円(年間で1360円ほど)となります

SMART ICOCAとあまり変わらないということになりますね

 

f:id:gogoFT2:20161214214010g:plainこれは便利だよね・・・

 

 

候補PiTaPaカード

さて本命のPiTaPaカードです

このカードの最大のメリットは運賃の割引が適用になるということです

 

PiTaPaのマイナスポイントとしては

①申し込みが必要で事前審査がある

②各社の対応がバラバラでわかりにくい

これくらいでしょうか?

実際の普及率ってあまり高くないみたいなので

使ってみてこそわかる不便さというものもあるのかもしれません

ただ①申し込みが必要というのは

SuicaViewカードもクレジットカードなので申し込みが必要なので

手間がかかるとしてもまぁ納得出来るものではあります

 

気になる割引率ですが

まず阪急電車は11回目の乗車から10%割引になるようです

ですので今回の例からすると

7往復なので11回から14回の4回分が10%引きとなります。

320円×4回×0.1=128円(年間で1536円ほど)の割引となります

また阪急バスについては

7回往復分3080円の運賃につき200円の割引があるようです

電車とバスの合計の年間割引は3936円となります

f:id:gogoFT2:20161214212914j:plain

 

 

結果:PiTaPaの一択!

カードのポイントが付くとしても運賃の割引額には到底及ばない額のようで

金銭的なメリットから考えると

ポイントの約3倍の割引が適用となるPiTaPaの選択が今のところは良いようです

ただ、先ほども書きましたが

 PiTaPaの普及率はそれほど高くはないようですので

使い始めてからわかる不便さというものもあるのかもしれません

PiTaPaカードのラインナップもかなり豊富なようで悩みは尽きませんね・・・

f:id:gogoFT2:20161214213217j:plain

 

 

実際のところ、どうしようかと悩んでます・・・

f:id:gogoFT2:20161214213557j:plain

実はビックカメラSuicaカードに決めて発行手続きもし

前述のとおり自宅でチャージが出来るようにヤフオクでパソリも手に入れてしまっているんです・・・

PiTaPaの方がお得ということなので路線変更しよっかな・・・

 

それと・・・

僕の交通機関の使い方からして

何を選ぼうとも年間で2000円ちょっとくらいの差しかないなら

あまり深く考える必要もないかなと思ってみたり・・・

2000円は大きいと言えば大きいですが・・・どうですかね?

 

 

(お願い)

今回の記事はあくまでも僕個人的な算段ですので

実際の割引額や還元額は異なることもありますので

その点はあらかじめご了承ください・・・

 

 

 

 

 

ありがとう×1118回