暗黒への挑戦

我がうちに秘める黒いネガティブなものを乗り越えて前進していくために日々綴る独りごと

どの交通ICカードを関西で使うかの考察①

f:id:gogoFT2:20161214073649g:plain

理解するのに時間と労力が必要なことは確か

 

交通ICカードについての考察

交通ICカードってずっと疎遠でした

ずっと切符でいいやって(笑)

このままずっと切符でいこうって、そう思ってました

 

駅の自動改札機にICカード専用のものが出来てうろたえても

交通ICカードは持たずにここまでやってきました

そんな僕が(今更ながらに)交通ICカードを持つにいたった経緯と

どのカードを持つことにしたかの考察をまとめたいと思います

 

しかし・・・

これっていわゆるパンドラの箱を開けたっていう感じで

奥が深いというか、細かいところが多くて・・・

それぞれ一長一短もあり、今もよくわかってないところもあると思います

 

 

通勤で運動不足解消?

f:id:gogoFT2:20161214082203j:plain

僕は通勤手段はもともと車だったから

定期券なんてものもずっと使っていない

中学生か高校生の時に持ったきりで

だから会社の同僚が定期券を持っていたのにちょっと驚いた(失礼)

 

今の住所地からの出勤は

路線バスと電車に乗らなければならなくてかなり大変なんです

時間も車通勤なら1時間のところ

バスと電車で1時間30分もかかってしまう

 

だから車通勤以外の選択はなかったのだが・・・

しかし・・・!

理由があって車通勤は出来るだけ避けることに

その理由は・・・運動不足&ダイエット(汗)

 

帰宅してからのジョギングがなかなか出来なくて

なら通勤時に歩くか!ということで運動不足の解消を図ろうと

車通勤って全然身体を動かしてないじゃないですか

家から会社までほとんど歩くことなく着いてしまう・・・

通勤の時に歩くだけでも全然違うと思うんですよね

 

 

バスの両替ってプレッシャーすごくないですか?

f:id:gogoFT2:20161214082223j:plain

それで自宅から駅まではバスを使うようになったんだけど

(ちなみに駅から会社までは結構歩きます)

バスって小銭がなかったら結構大変ですよね

まずバスが動いている時に運転席まで行って両替なんて出来ない

なんか動いているときは怒られそうで

でも、バスから降りるときに両替するとなると

これが必要以上に焦る(笑)

どこにお札を入れたらいいかでまず迷う

座席からどこにお札を入れたらいいか観察しようとしても人がたくさんで見えないし

両替出来たとしても

出てきた小銭から必要な運賃を払うのにまた焦る

それでようやく自分も交通ICカードを持とう!という気持ちになったんですね

 

 

理解するのに時間がかかる交通ICカード

f:id:gogoFT2:20161214082404p:plain

関西なら何を持てばいいんだっけ?

ICOCA

PITAPA?

SUICAも使えるの?

PASMOって何?

SUGOCAってカードもあるんですね(笑)

 

そういえば関西には「スルッとKANSAI」ってのもあったな・・

なかなかややこしいですね・・・

 

まずは「スルッとKANSAI」について調べてみると以下の説明がありました

スルッとKANSAI協議会は関西を中心に岡山、静岡を含めた63の鉄道・バス事業者で構成されています。

>磁気カードの共通乗車システムを活用した3dayチケット等の企画乗車券や交通需要喚起のための共同PRやイベントを実施しています。

 

で、この「スルッとKANSAI」が取り扱うICカードが「PITAPA」みたいですね

f:id:gogoFT2:20161214082458j:plain

そしてJR西日本が提供するICカードサービスが「ICOCA」ですね

f:id:gogoFT2:20161214082609j:plain

どうやら関西はこの2つが交通ICカードの主流みたいです

 

 

ICOCAPITAPAはどう違うのか??

最も大きな違いとして

PITAPA=後払いサービス(ただJR西日本や関西エリア外の交通機関では事前にチャージが必要)

ICOCA=事前チャージ(前払い)

この点があるみたいです

 

ただ手軽さという面においては

ICOCAは券売機で買ったらすぐに使えるという点がメリットで

JR西日本近鉄、京阪の券売機で買えるみたいです

PITAPAは駅での購入は出来ないみたいです

これはクレジットカードのように事前の審査が必要になるからみたいですね

後払いならば当然かとも思いますが手間はかかりそうです

 

ICOCAのチャージは駅の自動券売機で現金による入金になるみたいですね

えっと・・・

ICOCAにはSMART ICOCAというカードもあるんですね・・・

f:id:gogoFT2:20161214082935j:plainすごいドヤ顔(笑)

こちらはクレジットカードで購入して

チャージも券売機でクレジットカードによるチャージが出来るみたいです

だからひとつのクレジットカードでポイントを貯めているような場合は

このSMART ICOCAにそのクレジットカードを紐づければ良いということになります

 

PITAPAについては

クレジットカードが付帯されるわけですが

自分が貯めてるポイントカードに紐づけして使えるわけではないようです

 

 

割引サービスは?

庶民的な僕のひとつの疑問として

ずっと昔からある「回数券」ってあるでしょ?

事前に購入すると割引になりますよね?

 

JR西日本では11枚綴りの乗車券を10枚分の運賃で購入出来るみたいです

例えば大阪駅~京都駅の区間は560円だから

5600円で11枚綴りの回数券が購入出来るわけです

1枚あたり約50円の割引となるわけですね

 

ICOCAのチャージは前払いだから

少し運賃も割引になってもいいような気がするんですが・・・

でもICOCAには利用割引の制度はないみたいですね

 

しかし!

PITAPAには割引サービスがあるみたいですね

おおまかには以下のとおりです

大阪市営交通では10%オフ

>同一区間の1ヶ月の利用回数が10回を超えると11回目から割引

>月の利用額によっても割引があるみたいです(交通会社により異なる)

ここはICOCAとの大きな違いで魅力でもありますね

 

長くなってきた(息が切れてきた)ので次回に続きます・・・

考察はまだまだ続きます・・・

 

 

 

 ありがとう×5469回