暗黒への挑戦

我がうちに秘める黒いネガティブなものを乗り越えて前進していくために日々綴る独りごと

【fx-on】EA「Angel Heart USDJPY」について

昨日に引き続き「fx-on」というサイトでのEA探しをしている

 

魅力的に見えるEAがたくさんあって

今の自分はまだそれ程の知識はないので

なかなか選ぶのは難しい

 

その中でも気になっているのが

エリオット波動によるエントリーを行うというEAだ

エリオット波動論に基づいた高勝率EAです!
Angel Heart USDJPY
Angel Heart USDJPY | fx-on.com

 

エリオット波動

第3波を狙う・・・ということだが

このあたりをどのようにコンピューターに判断させているのか・・・

EAを作成される方々には本当に感服致します

 


Angel Heart USDJPY
Angel Heart USDJPY | fx-on.com

【fx-on】EA「Gewinn9」について

最近「fx-on」という投資サイトで

いくつかのEAを購入している

(突然の話題でごめんなさい)

 

次に購入を検討しているEAは

「Gewinn9」というEAだ

フラクタルを利用した逆張りトレードEA
Gewinn9 EURUSD
Gewinn9 EURUSD | fx-on.com

 

フラクタルを利用した逆張りトレードEA」とのことだが

こういうEAを作成される方のセンスというか、

特殊な技能には感服します

 

EAというのは自動売買のプログラムで

FXのチャートソフト「MT4」というソフトで稼働させると

24時間、レートの値動きを追いかけて

その名のとおり「自動で売買をする」プログラムです

 

自分もまだまだ勉強中で

どのようなEAが良いのかわかりませんが、

今のところ注目しています

フラクタルを利用した逆張りトレードEA
Gewinn9 EURUSD
Gewinn9 EURUSD | fx-on.com

 

またいろいろと勉強したら

ここに書いていきたいと思います

  


Gewinn9 EURUSD
Gewinn9 EURUSD | fx-on.com

 

「イニシエーション・ラブ」見ましたヨ

f:id:gogoFT2:20170418225550j:plain

 

うーん・・・

うーん・・・・・(汗)

 

えっと、こういう「どんでん返し映画」って面白いですよね?

 

自分の記憶では『セブン』がどんでん返しを意識した初めての映画だったのですが

「どんでん返し映画ベスト20」みたいな企画では

『セブン』は取り上げられてないみたいですね・・・

 

『セブン』はどんでん返し映画ではないかもしれませんが、

「あ~!!やられた~!!後味めっちゃ悪い~!!」と最後の最後に思い知らされました映画でした

なので僕の中では「どんでん返し」映画です

 

で、この『イニシエーション・ラブ』ですが

感想は「面白かったー」です

 

どういうどんでん返しがあるのか、

鈍感な僕は最後までわからなかった・・・だから楽しめたんでしょうね

途中でわかったら面白くないですよね

最後の5分の意味がなくなるわけですから

 

ただ・・・

この映画は「どんでん返し」ではなく、

制作側が観る人を騙した・・・それだけの映画かとも思います

精巧に出来てはいます

時代設定も

キャラクターも

話の流れも

また小道具などのセットも・・・

でもそれら全てが観客を騙すためにあったというのも

なんだか悲しいような気がします

 

ふたりの「たっくん」が恋をして心が揺れ動き悩み悲しんだことも

その揺れ動いた心象そのものには意味がないわけですから

騙すためのひとつのアイテムに過ぎないわけで

 

そう考えると

この映画も娯楽作品ではありますが

決して心に残るものではない・・・と思うわけです

 

だから「面白かった」という感想は、それ以上でもそれ以下でもないわけです

それって酷評だと思いますが、それ以上の感想も持てないわけです・・・ね

 

実は

途中のドラマ部分も味わうものではないと思ったので

1.2倍速で観ました(ごめんなさい)

それでも全然問題なかったし、意味も問題なくわかるんですよね

それくらいドラマの部分は深みもなかった

 

前田敦子木村文乃はどちらがいいかな?

それくらいのことだったですね・・・途中の部分は・・・

 

キャラと一緒に騙されてこその「どんでん返し」かと思います

そういう意味では納得いかないところもあったように思いますね・・・

でもよく出来た映画だったと思います☆

 

『自分を変える気づきの瞑想法』

f:id:gogoFT2:20170207195859j:plain

(写真・著作者:amountaineer)

 

瞑想に興味があって何冊もの本を買っています

最近、特に興味があるのが

ヴィパッサナー瞑想というものなんです

 

 

瞑想の種類について

まずは瞑想の種類についてですが、

もともと瞑想というのは「サマタ瞑想」と「ヴィパッサナー瞑想」があるようです

 

「サマタ瞑想」は心を静める瞑想と言っても良いかと思います

マントラと呼ばれる言葉を唱えて浮かんでくる想いを整理していき

心を空っぽにする瞑想ですね

これは一般的な瞑想になるかと思います

 

もう一方の「ヴィパッサナー瞑想」の方は

心をありのままに観察する瞑想と言えるかと思います

本の説明を読むとそんな感じです

 

活動しながらでも自分の行動を「実況中継する」ことで

瞑想が行えるという初めて聞いたときにはちょっと驚きました

 

ヴィパッサナー瞑想」について

この「ヴィパッサナー瞑想」ですが、

座っての瞑想なら呼吸の観察をし、

歩きながらの瞑想なら「右足、左足、右足・・・」と

自分の動きを実況しながら歩くということで『思考をなくす』ことが出来、

今この時に集中することが出来るようになる・・・ということなんです

 

実は僕も何度も挑戦しようとして、

1日はやるのですが2日目にまで続いたことがないんです・・・

かなり本気にならないと出来ないですね

京都や千葉に施設があるそうなんですが、

そこに入って無理やりそういう環境に自分を置かないとなかなか出来ないような気がします

 

だから効果のほどをここでお伝えすることは出来ません

ごめんなさい

 

「人間的な生き方」とは

このヴィパッサナー瞑想のマニュアル本の「自分を変える気づきの瞑想法」ですが、

人間の脳についての記述があり、そこがとても興味深かったので紹介します

 

人間の脳は3種類に分かれるそうです

まず最初にさまざまな臓器を作るための非常に本能的な脳「原始脳」が出来るそうです

「生きたい!」「恐い!」という生存するための感情を出す原始的な脳だそうです

 

次に出来るのが、自分を生きやすくするための「哺乳類の脳」だそうです

この脳は自分の安全を守るために親や兄弟を大切にするなど、原始脳が「周りは敵!」と勝手に考えてしまうものを司る働きをするそうです

 

最後に出来るのが「大脳」です

理性ある脳で、時間をかけて育てていく脳だそうです

 

この本にすごく面白い例えが書かれていました

おいしいことで有名なラーメン屋に行ったときにものすごい行列が出来ていたとしたら、「並びたくない!待ちたくない!」という強烈な自我を発揮するのは原始脳だそうです

しかし考えることの出来る大脳と葛藤して、最終的に「食べるために並ぼう」と常識的な選択をすることになるそうです

この本にはこの例えを『これが人間的な生き方です』と書いてありました(笑)

 

この部分を読んでから、ラーメン屋で待ち時間が必要な時に「待つなら帰ろう」という友人を見るたびに「人間的な生き方が出来ない人だ(笑)」と心の中で笑ってしまうようになりました

もちろん自分自身も待ちたくない時に率先して「帰ろう」と言う時もありますので、本気で笑うことはないのですが

 

それから、ラーメン屋で行列の中で待っている人を見るたびに「人間的な生き方が出来る人たちだー(笑)」とも思うようになりました

 

そんなこんなでまだヴィパッサナー瞑想は出来ていませんが・・・

今年は是非取り組んでみたいと思います!

 

 

 

 

 

 

 

RIP SLYME "黄昏サラウンド"

f:id:gogoFT2:20170112082813j:plain

RIP SLYMEの「黄昏サラウンド」

 

好みとか志向とかそういうのって

自分で思っているよりも強く持っているもんだなって思う

特に40を超えるくらい年を重ねてしまうと

そういう志向というものが固まり過ぎてしまって

安易に新しいものに手を出せないようになっている自分に気づくことがある

 

音楽にしても昔は「ジャケ買い」のようなことをしていた時もあった

好奇心だけで新しい世界を覗いてみようとしていた時もあった

 

ただ

それにしても受け入れることが出来るアーティストってそんなにいない

もちろん毛嫌いしてばかりではないが

それでもこれは聴きたいなって思える音楽ってそんなにあるわけじゃない

 

20歳を過ぎてからホントに好きになってのめり込んだアーティストって

両手があれば楽勝で数えることが出来るくらいのもの

それだけ感受性も衰えているのかもしれないけど

 

時間がないだけなのかもしれないけど

この曲のタイトルにもある「黄昏」という言葉

この黄昏の時間とか、意識することってなくなったよなぁって思う

 

とにかく

そんな今の自分が手を出したことを驚くアーティストがRIP SLYME

ジャンルはヒップホップになるんだろうけど

それだけでは語れないだけの奥の深さというものがある・・・のかな?

このあたりはよくわからないけれど

音楽が好きでやっているんだろうなってのだけは分かる気がする

 

そして

そのめずらしく自分が手を出したRIP SLYMEの曲の中で

あぁ・・・こういうのっていいよなぁ・・・というのが

メロウなチューンの「黄昏サラウンド」だ

 

このブログのタイトルの「暗黒への挑戦」もアースウィンド&ファイヤーの

ミディアムテンポのメロウチューンで

あぁ・・・というため息のようなものが思わず出てしまうものだが

この「あぁ・・・」というところはこの「黄昏サラウンド」も同じ

 

特に好きなのは

「舞い上がる気持ちと夕暮れにただようSound~」で始まるILMARIのパート

なんて言っていいのかわかんないけどなんだか良い

「束の間のConversation 始まったら火灯せよ」などの言葉もなんか響く

f:id:gogoFT2:20170112081556p:plain

言いたいことがうまく書けないけど

ビデオもすごく良い雰囲気だと思います

 

「やらないといけない」とか「こうでないとあかん」とか

自分が抱えるいろんな問題点や足りないところ

失ったものや失っていくもの

そういうことばかりに目を向けている自分に

「こういうのを味わいながらゆっくりでいいじゃん」と言ってやりたくなる

そんな気分にさせてくれる曲です

 

 

ありがとう×4538回

ごみ問題について

そろそろお正月ムードも落ち着いて来た1月5日は

僕の住んでいる地域の年始最初のごみの日だった

それも「燃える(可燃)ごみの日」

 

これは年中通して思うんだけど

我が家はごみの量が多い

1回の燃えるごみの日に45リットルのごみ袋で2袋は必ず出す

 

だから年末年始でごみの日の間隔が空くとかなり大変なことになる

リビングの片隅がごみ袋で占領されてしまうのだ

年始のごみ袋の量は45リットルの袋で6袋もあった

 

年始だからこそ、ごみ問題について考えてみる

 

そして今朝は休みだったので

なんとなく普段は行かない朝マックに行って休日気分を楽しんだのだが

その往復の道でごみ袋で溢れかえった「ごみステーション」をあちこちで見ることになった

f:id:gogoFT2:20170106002849j:plain

写真はイメージですが本当にこんな感じで、凄いことになっていた

どれだけ出るんだ・・・と言葉を失うくらいのごみの山があちこちに・・・

 

年始ではあるが

このごみ問題を正しく理解しておこうと少し調べてみた

 

 

世界週末時計の今の時間は?

唐突だが、人類滅亡を午前0時にして計算される「世界週末時計」の今の時間をご存知だろうか?

この時計は米誌「ブレティン・オブ・ジ・アトミック・サイエンティスツ」が設置しているもので人類の残された時間をカウントするもの

実際にノーベル賞受賞者を含めた同誌の委員会が定期的に世界の現状を調査・分析し、危機が高まれば針を進め、危機が弱まれば針を戻しているそうです

 

僕は知らなかったのだが、今は「23時57分」だそうだ

 f:id:gogoFT2:20170106003103j:plain

 

最も針が0時に近づいたのは1953年のアメリカとソ連が水爆実験に成功した時だそうだ

その時で2分前だったそうだ

今と同様に3分前だった時はと言うと・・・

1949年 ソ連が核実験に成功し、核兵器開発競争が始まったとき

1984年 米ソの軍拡競争が激化したとき・・・である

 

今はその頃と同じレベルでの危機に瀕していることになる

これは僕たちが考えている以上に現状は深刻であるということですよね・・・

 

 

 

3分前の理由としてあるものは・・・

現在の理由としては以下の2点だそうです

地球温暖化を防ぐ取り組みが不十分で気候変動への影響が避けがたいほど深刻になると想定されること

・アメリカやロシアの間で核軍縮の取り組みが進んでいないこと

 

米ソ間の核戦争による世界の終末というのは

ひと時の世界では最も恐れられていた事態ではあるが

今はそれと同等のレベルで地球温暖化が世界の終わりへの危険要素として考えられているということです

 

 

地球温暖化の原因「温室効果ガス」

地球温暖化と考えると思い浮かぶのが「温室効果ガス」である

この温室効果ガスの大気中の濃度が上昇すると、

本来は宇宙に向かって排出される赤外線が排出されなくなり、

結果として地球に向かって熱が再放出されることになる・・・これが地球温暖化の原因である

 

そしてこの温室効果ガスの中で最も日本で多く排出されているのが二酸化炭素

これは温室効果ガスの中でも6割を占めるそうだ

 f:id:gogoFT2:20170106003142j:plain

 

 

 

廃棄物焼却により発生する二酸化炭素の割合は・・・?

そうなると考えるのが

ごみや廃棄物を焼却させることで出る二酸化炭素をなんとかしないと!ということだが

実際に廃棄物の焼却により発生する二酸化炭素の割合は4%ほどでしかないそうだ

つまり一般家庭で「ごみを少なくしよう!」で大きく貢献出来るものでもないということのようだ

 

 

「大量生産、大量消費」を見直す時期に

それよりも大きな要素として考えられるが

廃棄物になる製品や容器や包装の製造にかかるエネルギーと、流通にかかるエネルギーだそうだ

つまり、すぐ使ってすぐ捨てるいうライフスタイルや、寿命の短い製品、必要以上の過剰包装が問題だということで

「大量生産、大量消費」の前提からなる現在のシステムを見直さなければならないときに来ているのだろう

 

ごみ分別の問題も、分けて出すことにより運搬するエネルギーの方が問題だとも言われている

最近の楽天amazonによるネットによる消費も商品を運搬するエネルギーの点からすると考えるべき点があるのかもしれない

 

過剰包装という点ではamazonはちょっとなんとかならないのかな?・・・とは誰もが思うことだと思う(いろんな問題があって今の包装なんだとは思いますが・・・)

 f:id:gogoFT2:20170106003212j:plain

amazonは大好きなので言いたくないのですが・・・)

 

 

 

私たちに出来る「身近な取り組み」

ちなみに地球温暖化に向けて私たちが出来る「身近な取り組み」として挙げられている項目の多くは車についてのことである

すなわち「無駄なアイドリングをやめる」「法定速度を守る」「無駄な荷物を積まない」「タイヤの空気圧を適正にする」など

f:id:gogoFT2:20170106003301j:plain

その他には「エアコンの使用を控える」「風呂の残り湯を洗濯に使う」「待機電力をストップさせる」などでとても地味なコツコツとした取り組みが求められるものが多い

ここでごみ処理問題について出てくるのは「買い物袋を持って歩き、過剰包装のものは避ける」だけである

案外と出来ることって少ないという印象を受けた

 

 

 

結論・・・(他力本願ですみません)

以上から

とても他力本願な結論ではあるが

ごみ処理問題については現在の過剰包装が主流の今としては取り組めることは少なく、

社会全体での変革、つまり「大量生産、大量消費」のシステムの変革こそが求められていると言えよう

新しいものこそが良いという考え方も、根本的なことではあるが改めていくべき時かと思う

それが大量廃棄を止めることになると思う

f:id:gogoFT2:20170106003425j:plain

 

個人で出来ることを軽んじてはいけないがとても少ないように思えた

過剰包装の問題も個人ではどうすることも出来ないものかと

逆に問題を問題として意識していくことは今まで以上にしてゆくべきかと

 

どうもここ20年から30年間の温室効果ガスの排出を抑制する努力がその先の未来の地球に大きな影響を残すようだ

 

 

f:id:gogoFT2:20170106003740j:plain

ACのCMの「消えるのは、砂浜だけじゃない」というコピーが今更ではあるが、胸に突き刺さる感じがした

 

 

 

 

 

 

ありがとう×6593回

"New Year's Day" U2

f:id:gogoFT2:20170102012929j:plain

初期からアルバム「Rattle and Hum」あたりまでのU2のファンだ

大阪城ホールの来日ツアーも行ったことがある

最も好きなギタリストを1人挙げるように言われるたとしたら

僕は間違いなくU2のエッジの名前を挙げるだろう

決して上手いとは言えないが個性の塊のようなギタリストだ

 

U2初期の名曲"New Year's Day"

そのエッジが弾く鍵盤の音が身震いするくらソリッドで

魅力溢れるU2初期のヒット曲がこの"New Year's Day"だ

アダムクレイトンのルートと3度で構成されるベースラインもとても印象的な楽曲だ

 

 

f:id:gogoFT2:20170102014449j:plain

アルバム"WAR"の中のU2の初期ヒット曲

 

 

自称U2ファンの自分の今年の目標

ところで

すでに1月2日になってしまっているのだが

ウィキペディアでこの曲の解説を読んでいたら

多くのU2ファンはこの"New Year's Day"を大晦日の夜から聴きながら新年を迎えるそうだ

おっと・・・

自称U2ファンだがそんなのやったことないよ・・・

今年の大晦日からそうしようと誓いました

ちなみに2016年の大晦日は紅白が面白くなくて

9時くらいに寝てしまいました(椎名林檎あたりだったかな)

今年の大晦日は紅白じゃなくてU2を聴いて過ごそう・・・

何の目標も予定もない自分ですが今年の目標(?)が出来ました

 

この"New Year's Day" の歌詞の出だしは

All is quiet on New Year's Day とある

「何もかも静かな1年の始まり」

海外では大晦日は大騒ぎをして元日は静かに迎えることが多いそうだ

自分は海外で新年を迎えたことはないが

一度は大騒ぎしてから静かに新年を迎える経験はしてみたいなと思う

 

 

何も変わらない新年の日

ところで新年だ

今年は日曜日が新しい年の始まりだったわけだが

今はどこの店も通常営業していて「なんだかお正月の感じがしないな」と思った

一方で、京都の地元密着型のスーパー「フレスコ」は通常は24時間営業だがお正月だけは休んでいた

また通勤経路にある「餃子の王将」も通常は明け方まで営業しているのだが

大晦日と元日は営業をしていなかった

でも他のお店はだいたい営業している感じだった

休んでる方が逆に目立つくらいだった

 

"New Year's Day" の歌詞はこう続く

Nothings changes on New Year's Day

「何も変わらない新年の日」

もちろん歌詞としては何も変わりはしないという嘆きが込められているわけだが

なんか普通の日と一緒というのは寂しいですね

 

f:id:gogoFT2:20170102013443j:plain

こういう日本らしいのがいいよなぁ・・・静かな新年の日

 

昔は開いているお店を探す方が大変だった

でもそれがお正月だったし

お正月らしさを醸し出していた

 

もともとおせち料理だって

休むために日持ちする料理として存在していたわけだし

1年の始まりのこの日は誰もが本当に静かに過ごす日だったらいいのに・・・と

そんなことを考えながら過ごした2017年の"New Year's Day"だった

 

U2への想いはまた改めて書きたいと思う

 

 

 

 

 

 

 

 

 ありがとう×6143回